忍者ブログ

人間になりてがったねご。

2009.01.28 - 学校
今日は、劇団四季の「人間になりたがった猫」を見ました。
「こころの劇場」という事業の一環で、市内6年生が全員招待されたもの。。
午前午後の2回で、市内6年生約2600人が鑑賞。

個人的には非常に面白かったです。
さすが、プロ中のプロ、という感じで、
子どもたちはいいものを見せてもらったなあ~と。

子どもたちは、聞きかじった劇団四季のことを話していましたが、その中に、テレビのイイ話か何かで「劇団四季はその公演する地方に合わせて方言を交えてやる」とかいうことを言ってた、なんて話題もありました。

で、今日の題名をみた子が一言。

「先生、『なりたった』になってる!」

私と校長先生は爆笑でした。
彼は意味を「なりたいと思った」の意味で「なりたかった」と捉えたのでしょうね。
それを東北弁っぽく「が」にしたと。
…でもきっと普通に「なりたがる」ってことですよね。

その後、
「もしそうなら、『なりてがった』ですねw」と
私が言えば、校長先生は、
「最後は『ねご』だな」
と盛り上がりました。

それにしても、
素晴らしい劇でした。なんだか久々に感動しました。
かなりウルウルしちゃいました。


それと、もう一つ。
行き帰りは市のマイクロバスでしたが、近くのO小学校と乗り合いでした。
うちの6年生12人に対して、そのO小は13人。ホントに同じくらいです。

しかし、子供たちの雰囲気は少し違いました。

はじめは「うちの学校はこの辺ではエリートなんだぞ~w」
とか言っていました。意味はよくわからないのですが、うちらは立派なんだ、みたいなことのようです。
ま、そう言っている子は、そんなに立派じゃなありませんが。
そんなこんなで盛り上がって出発しましたが、O小に着いて、彼らが乗り込んでくると、猫をかぶったようにおとなしくなりました(笑)。

一方、O小の子たちは物おじせず、騒ぐような感じでした。担任の男の先生に、女の子たちが「キモい」など言ったり、からかうような口ぶりだったり、ちょっと自分だったらヤダな~と思いました。(まあ、始めからそうならないように頑張りますけど。。。)
しかも、バスの運転手さんに挨拶もしないで、、、とか、そういうことも気になりました。

で、そんなこんなで比較的静かにしていたうちの子どもたちでしたが、
帰りにO小が先に降りるや急に元気になりました。
ある子は「ああ~やっと微妙な緊張感から解放された~」と笑顔になったり。
で、あるやんちゃな男の子は「O小の人たちは先生にタメ口なんてだめじゃん」みたいなことを言ってました。
そして先生口調で「それが教育なのか~!(笑)」とか。

「そう、そうなのよ!君たち正しいよ!」
思わずそう思いました。
ホント、うちの子たちは立派だなあ…と実感。

なので行きに「エリート」発言をしていた子に、
「いや~、君たちはホント、エリートだったよ(*^^)v」と言っておきました。

ま、内弁慶だけれどもね!w
PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カウンター
フリーエリア
忍者アナライズ
最新コメント
[02/10 micco]
[02/03 micco]
[01/06 chiriya]
[01/06 匿名希望]
[01/05 micco]
[04/07 chiriya]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
地理屋
性別:
男性
職業:
小学校教員
趣味:
サッカー、ゲーム等
フリーエリア
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析