忍者ブログ

講習会

2013.03.24 - 日記
今日は、囲碁の指導者講習会なるものに参加してきました。
日本棋院のプロ棋士の方がいらして、
主に初心者の子供たちへの指導の仕方について、話を聞きました。
単純に、話が楽しかったのですが、
その中にも、子供たちの指導の仕方について、
囲碁に限ったことではなく、教育全般に通じることで
参考になることがいろいろあるなあ、と思いました。

ちなみに、
今日講習を受けたので、
この後、申請書を書いて申請料を払えば、
指導者の資格をもらえるようです。

まあ、現状はあまり役立ちそうにもありませんが、
せっかくとれるのであれば、申請しようかな~と
ちょっと思っていますが。

小学校でできることとしては、
一番手っ取り早そうなのは、クラブ活動で
「囲碁クラブ」を作ることでしょうか。
ただ、それだと希望する児童が少なすぎて成立しない可能性があるので、
ありがちなのは「囲碁・将棋クラブ」みたいな感じですかね。
うちの学校ではそれすらないので、難しいかな・・・というところですが。。。

個人的な願望としては、
囲碁が、思考力を養う等の面で
非常に教育的な効果が高いという方向で
もっと学校現場に普及するように
上の方から働き掛けがあればいいな~なんて。。。
必修なんかになっちゃったりなんかすると最高ですが(笑)。
競技人口が将棋に押されている日本ではまずないか・・・

でも、
囲碁は、将棋よりも世界的には普及しているんですけどね。
なんとなく、日本国内と世界の状況的には、
野球とサッカーのそれに似ているな~なんて思います。
ルールも、
将棋は駒一つ一つ動きがあって、ポジションがあって
ランナーの動き等が決まっている野球的。
囲碁は原則的なルールだけあって、
それさえ守れば自由にどこに打ってもいいというのが、
手を使わなければ自由に動いてOK、というサッカー的な感じもします。

まあ、とにかく、
囲碁がもっと普及してほしいと思います。
でも、だから、そのために自分も、普及の一端を担えれば、とは
思っているのですがね~。なかなか。
PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カウンター
フリーエリア
忍者アナライズ
最新コメント
[02/10 micco]
[02/03 micco]
[01/06 chiriya]
[01/06 匿名希望]
[01/05 micco]
[04/07 chiriya]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
地理屋
性別:
男性
職業:
小学校教員
趣味:
サッカー、ゲーム等
フリーエリア
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析