忍者ブログ

[PR]

2017.10.23 -
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   ▲ENTRY-TOP

バーレーン戦、そしてU-23アンゴラ戦

2008.03.27 - サッカー
昨夜のW杯アジア予選、vsバーレーン。
そして今夜の親善試合、U-23日本vsフル代表のアンゴラ。
皆さんは見ましたか?


W杯アジア予選の日本代表は、

バーレーンに0−1で敗れてしまいました。

アウェーで、けが人も結構あってメンバー揃えるのにも苦労したり、ピッチもイマイチで、しかもボールもなんだか日本ではまだ売っていないらしくて、とかいろいろ条件はあったのでしょうけど、見ていて一言でいえば、アウェーに飲まれている感じでした。ここ何年かの最近の日本らしくない!!



相手はしっかりプレッシャーをかけてきたのですが、それに対して、なんだか受け身というか、怖がっているというか、安全に行こうとしすぎているような、そんな印象でした。試合後の選手の言葉を借りれば、「相手のレベルに合わせてしまった」ということだろうと思います。



相手は関係無く、4バックで、今までの戦い方で(なんか忘れ去られているけれど、最初にやろうとした「接近」「展開」「連続」でしたっけ?名前はともかくあんな感じのコンセプトを貫いて)、行ってほしかったですね。

だって、岡ちゃんになってから今までやってきた戦い方が、バーレーンごとき(失礼)とやる時に使えない戦い方(バーレーン対策として、戦い方を変えなきゃいけない)ってことは、そもそもそんな戦い方じゃあ、世界は無理、ってことですよね。



もちろん、バーレーンは直近でイランも倒しているし、アジアの中で結構強いことはわかりますが、それでも、アジアの中では、日本は相手がどこでも「いつものこのスタイルで十分」っていう戦い方じゃなきゃダメだと思います。



一方、

今夜のU−23は、むしろフル代表より楽しかった。

(といいつつ後半うとうとしちゃったけどww)

全員がとにかく走っていたのがGOOD!



テレビの中でも言っていましたが、

日本人は100m走ならアフリカ人にまけるけど、長い距離なら勝てるんじゃないか、ということです(いや、もちろん負けるかもしれませんけどねwwwでも、陸上を見るかぎり、単純に考えて100mよりマラソンの方がメダルの可能性が高いと思うので)。

身体的な部分での武器を考えると、きっと中長距離的な連続したスタミナとスピードの高いバランスで勝負するべきなんですよね。

そういう意味で、U-23はなんか期待が持てました。

反町さんは「走り続けろ!」と言っているとか。

攻めの時にどんどん選手が走って出てくるし、守りでもまずはすぐに1人全力で寄せに行くサッカーは、ちょいとオシムのころのジェフっぽくて楽しかったです。スタミナさえ持てば、どんどん続けてほしいですね。



とにかく、頑張れサッカー日本代表!!
PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カウンター
フリーエリア
忍者アナライズ
最新コメント
[07/17 chiriya]
[07/16 micco]
[02/10 micco]
[02/03 micco]
[01/06 chiriya]
[01/06 匿名希望]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
地理屋
性別:
男性
職業:
小学校教員
趣味:
サッカー、ゲーム等
フリーエリア
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析