忍者ブログ

微妙なカタール戦。。。

2009.06.10 - サッカー
予選突破を決めたウズベキスタン戦から
中3日で迎えたホーム最終戦、カタール戦。

結果は1-1でした。

微妙でしたね。
先制点がすぐに生まれ、
今回は楽勝か?と思いきや、やっぱりそこから守勢に回り始める日本。

PKで追いつかれてから、また攻勢に出る日本。
そんな、いまいちのらりくらりした感じが、
いい意味でも悪い意味でも、ブラジルっぽい感じになってきたんじゃないですか?(笑)

基本的に、みんな凡ミスが多かったな~というのが印象。
一言でいえば、“疲れ”でしょうかね。

そして、どうせ出場権は得ているのだし、
消化試合にはしないといっても、やっぱり消化試合なわけで(笑)。
一方のカタールは、3位の可能性がまだあるため、消化試合ではありません。
その差は出たかな~と思います。

出場停止やけが等でメンバーを落とした日本ですが、
遠藤や長谷部がいなかったから駄目だった?と言われれば、そうは思わないんですけどね。
今日のメンバーがみんなフレッシュだったら、それはそれでいい試合をできたと思います。
連戦となった岡崎や俊輔、闘莉王や中澤あたりもお疲れ気味って感じでしたし、
試合に出なかった選手だって、やっぱり長旅をしてきた疲れっていうのもあるでしょうしね。

よかったところ。

楢崎は安心でしたね。
DFのミスをしっかりカバーしていました。
ミスから点を取られてもおかしくない場面がいくつかありました。

内田はいいタイミングでの上がりをするなあ~と改めて。
その先の判断、精度はもっと上げていきたいですがね。

終盤の本田はキープしてくれて、日本的には猛攻を喰らわず済んで
よかったと思いました。チリ戦で決めたのとおんなじところからのシュートは、
かなり力んでしまいましたけどね(笑)。

悪かったところ。

今野のサイドがかなり中盤から終盤にかけて崩されました。
カタールがボールを取ってから、早めに一度中のFWに当てると、
日本はビビって数人で真ん中に寄ってしまう。
そこをワンタッチで日本の左サイドに出されるとがら空きで、
もう少し精度があったら2・3点やられていたかもしれませんでした。
あれはかなり大きな弱点で、修正しないといけないと思いました。

松井のチャレンジは無謀なのが多かった気が。
つっかけるドリブルが悪いわけではないけれど、
1対1でやるべきかと。
相手が2人、3人のところでも
突撃してすべて玉砕していました。

そして。
前回のシリア人審判に続いて、
マレーシア人の審判、最低でした(~_~;)。

まだ前回の人の方が不公平感は少なかったです。
(純粋なジャッジの技量的に??でしたが。)
今回は、カードは出さないでコントロールしているところはよかったけど、
日本に不利な判定ばかり、という感じでした。

これで、オーストラリアにまた勝ち点2の差をつけられました。
まあ、予選1位通過と2位通過で、なんらアドバンテージはないのだから、
別にいいんですけどね。

とはいうものの、
オーストラリアには前回W杯の借りがあるので、
できれば倒してほしいとも、思ってしまいますが。。。
PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カウンター
フリーエリア
忍者アナライズ
最新コメント
[02/10 micco]
[02/03 micco]
[01/06 chiriya]
[01/06 匿名希望]
[01/05 micco]
[04/07 chiriya]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
地理屋
性別:
男性
職業:
小学校教員
趣味:
サッカー、ゲーム等
フリーエリア
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析