忍者ブログ

09ゼロックス杯

2009.02.28 - サッカー
鹿島アントラーズ 3 − 0 ガンバ大阪
(得点者:興梠、マルキーニョス、野沢)

いよいよ今年のJリーグも始まりますね!
テレビの前ですが、今年も楽しい試合、熱い試合をたくさん観れたらいいなあ、と思います。

さて、幕開けを告げるゼロックススーパーカップ。
昨年のJリーグ王者・鹿島と、天皇杯優勝のG大阪の顔合わせ。

結果はアントラーズの快勝でしたね。
ガンバは、3バックという、ちょっと実験的な布陣だったのが裏目に出て、
あっさりそこでやられた感じです。
後半、4バックに戻してからは、互角の展開だった気がします。

選手で気になったのは、
まず、鹿島のウッチー。
ガンバの安田とのマッチアップでしたが、
完全にウッチーに軍配、という感じでした。
安田の突破をほとんど止めていました。スピードでは負けない感じです。
しかも、駆け引きも上手でした。彼は賢いんだよね、きっと。
攻め上がりもタイミングよく出て行っていたと思います。
昨年よりもますます進化している感じでした。
(…まあ、若くて伸び盛りですからね。)

彼は甘いルックスもいいですけど(そっちの趣味はありませんがw)、
クレバーなので好きです。

若いといえば、興梠もかなりイケてました。いい仕事しました。
スペースがあるからサイドに開いてボールをもらうところは日本人FWはよくやりますが、
そこでキープして味方の上がりを待って結局後ろに戻すんなら、あんまり怖くないんですが、
そこで早めにゴール方向に向かってつっかけるのがいいですね。
そのせいで、DFをあせらせられますし、
なによりスピードで勝って、ライン際をエグってマイナスのクロスを上げることもできるから、
そこを止めに行かざるを得ない。つまり怖い。だからDFが釣られてました。
相手DFが十分釣られれば、だめで後ろに戻してもスペースが空くから、攻めが続きました。
2点目のマルキーニョスのゴールの前のプレーは、まさにそんな感じでした。

改めて、
鹿島はオーソドックスだよなあ、と。
チームの特徴っていえば、
パスが巧みとか運動量だとか技術だとか、守備が固いだとか攻撃的だとか、いろいろありますが、
あまりサッカーに詳しくない人に
「鹿島は何が武器なの?」と聞かれたら、
「んとね、サッカーがうまいの。」と答えたくなります。
何かが突出しているわけではなく、全体的に質が高くて、
それを状況に応じてうまく出してる感じです。
このしたたかさは、やっぱり、
ジーコのころからずっと伝統をつないできた強みですよね。
鹿島は基本路線が、15年前から変わっていない気がします。


日テレの実況は相変わらず大迫、大迫とうるさかったけれど、
北澤と都並さんは結構聞きやすかったです。
プレイを見て、「お、今のうまいなぁ」と思うところが似ていたというか。

大迫君は、今回は数分のプレーでしたので、何とも言えませんね。
まあ、これから試合に出て「まだまだ使えん」となるか「使えるじゃん」となるか、
だと思います。
鹿島は、そしてオリヴェイラ監督は、
きちんと見極めながら育ててくれる、というミョーな安心感があります。


さて。

ジェフの開幕戦はガンバ。
チョジェジンやレアンドロが融合して強くなる前のガンバに、
あわよくば勝っておきたいですね〜(笑)。

鹿島vs浦和の注目カードもありますし、
開幕が楽しみ♪
PR
   Comment(1)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - 川の果て

ガンバは去年の終わりが遅かった分、まだまだエンジンを吹かしている段階…みたいなイメージはありますね。

とはいえ、さすがにACLをやる頃には上げてはくるでしょうから、早めに当たるのはラッキーかもしれませんね(笑)
2009.02.28 Sat 18:17 URL [ Edit ]
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カウンター
フリーエリア
忍者アナライズ
最新コメント
[07/17 chiriya]
[07/16 micco]
[02/10 micco]
[02/03 micco]
[01/06 chiriya]
[01/06 匿名希望]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
地理屋
性別:
男性
職業:
小学校教員
趣味:
サッカー、ゲーム等
フリーエリア
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析