忍者ブログ

[PR]

2017.10.23 -
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   ▲ENTRY-TOP

2010W杯・アジア最終予選 組分け決定

2008.06.28 - サッカー
やっとやっと休みです!!!嬉しー!!!
というわけで、サッカーです。

ついに最終予選組分けが決まりましたね!

組分け

【A組】        【B組】
 オーストラリア     韓国
 日本          イラン
 バーレーン       サウジアラビア
 ウズベキスタン     UAE
 カタール        北朝鮮

日程(日本)

 2008年 9月 6日 ?バーレーン戦 
 2008年 9月10日 (試合予定なし)
 2008年10月15日 ?ウズベキスタン戦 
 2008年11月19日 ?カタール戦 

 2009年 2月11日 ?オーストラリア戦 
 2009年 3月28日 ?バーレーン戦 
 2009年 4月 1日 (試合予定なし)

 2009年 6月 6日 ?ウズベキスタン戦 
 2009年 6月10日 ?カタール戦 
 2009年 6月17日 ?オーストラリア戦 

さて、この組分けを見て、皆さんはどう思いましたか?
私は正直、見た瞬間に「お、ラッキーじゃん」と思いました。
というのも、ポット分けの抽選もあるせいで、怖い中東勢は、イランとサウジとどちらと当たるのかな〜とばかり思っていたものですから、「あれ、どっちも違う組だ!!」と。
しかし、冷静に考えてみると、一概にA組が楽、とも言えない気もしてきました。
では、対戦国ごとに思ったことをあれこれ。





〔オーストラリア〕

やはりグループ最上位でしょう。

しかし、日本にとっては意外にやれる相手ではないかな、とも思うわけです。

まず、ガチガチに固めてきてカウンター、という日本のトラウマ的www戦法を使ってこないと思われます。

ピッチ状況も良さそうです。こういう“まともな相手”(癖のある他国、失礼)には、日本もいいサッカーをするような気がするんですよね。

ただ、フィジカルが強い相手なので、最近の日本の得点源2トップ(DFですww)が期待できない面では、苦しいかもしれません。もしかすると、一番痛い負け方「力負け」を喫する可能性もあります…



条件面で有利な面もありそうです。

1つは日程面。とりあえず1巡目の最後(4試合目)と、最終戦(8試合目)。

ある程度勝ち点を積んで、精神的に余裕をもって戦える状況が考えられます。

まあ、もちろん初めにつまずくとさあ大変。絶体絶命で「運命のオーストラリア戦」とか某テレビ局が連呼しそうな展開もあり得ます。。。

あと、4試合目は2月に日本のホームで。欧州組主体のオージーは、どうやら国際Aマッチデーではないらしい2月11日の試合は、主力が「欧州リーグ戦真っただ中の直前合流」を強いられそうです。(俊輔なども同じですがw)

一方、日本はリーグがオフの時期。国内組などで合宿などはしっかり組めるでしょうが、逆に試合勘などが心配です。裏ワザとしては真冬の北国でやるとか(笑)。

最後の試合は、日本的に消化試合になる可能性もあるし、本命オーストラリアが予選突破を決めている可能性も高いので、100%ガチンコ勝負にはなりにくそうです。



目標…1勝1敗。もしくは2分けでも可。とにかく互角に戦いたい!



〔バーレーン〕

3次予選ですっかりおなじみになったバーレーン。

初戦でまたまたアウェーで当たります。

ま、ただあのときよりは少しばかり暑さも和らいでいる気もしますし(気がするだけ?)、

いくらなんでも、あの史上最低の試合よりはましな試合をするでしょう。

3次予選は日本のふがいなさが大いに目立ったのですが、バーレーンの強さを感じたわけではありませんでした。よって、ここのポットはサウジがこなくて超ラッキーです。

このグループ的には、絶対に勝ち点を落としたくない相手。



目標…2勝!!! ま、最悪でもアウェーは引き分け以上で。



〔ウズベキスタン〕

今回最大の難敵です。多分。

情報もあまりありませんが、3次予選はサウジと同組で、初戦サウジに3−0で快勝しています。

(ま、最終戦はサウジのホームで0−4で負けましたが、消化試合でしたし。)

日本的には、中央アジアまで移動するのは慣れていないでしょうね。

(タシケントまで、どうやって行くの?ww)

チーム的にも、きっとロシア系の選手・チームですから、今までの極東・中東的アジアンワールドとは一味違うと思います。手ごわそう…

まあ、期待できそうなのは、日本のトラウマ的…(以下略)ではなく、真っ向勝負に来てくれそうだ、ということで、それだと日本もいい試合ができるかもしれません。

あと、はじめにホームで迎え撃てるのがラッキー。ここである程度アウェー戦のめどが立つでしょう。

多分、今回一番の大勝負が来年6月6日のアウェーでのウズベキスタン戦になるんではないかと思います。



目標…1勝1敗か、2分け。でも、予想1分け1敗。これでもなんとか2位通過できるハズ。。。



〔カタール〕

元浦和のエメルソンは出られないみたいですが。

オイルマネーに物を言わせて帰化選手が多いカタール。

一般的には、この組では一番下という位置づけでしょうが、侮れません。

しかも、日本は過去5戦して0勝。相性が悪いのです。

そして、日本のトラウマ的…(以下略w)なのです。中東は怖いのです。

ドン引き&カウンター、仮病作戦、そして中東の笛、と嫌〜な要素満載なのであります。

ま、ただ、基本的な力は日本が上、と思いますので、そういう面倒な要素に粘り強く対処して、しっかり勝ち点をとってもらいたいです。(こういう相手には、大人な選手が必要です。すぐ頭に血がのぼる人は危険です)

日程的に、11月19日のアウェーは、幾分涼しそうで、そこもプラス要素です。



目標…1勝1分け。最低でもホームで勝ち点3。アウェーで勝ち点1以上。ここで取りこぼししているようだと、ワールドカップにはいけません。





総括?



それにしてもA組は、極東、オセアニア、中央アジア、中東とかなり移動が大変な組になりましたね。

最後の、6月6日にウズベキスタンで試合して、6月10日に日本で試合、そして6月17日オーストラリア、なんて非常に厳しい日程ですよね。。。

比べてB組は中東&極東の、昔ながらの構図。まあ、それでも、中東遠征はつらそうですけどね。



A組とB組を比べてどうか、ということですが、

もしB組に日本が入ったとして、韓国、イランとの2枠争いは非常にキツイです。が、逆に3強だから、3位は堅いんじゃないか、という意見もありますね。A組は1位もあるけど、5位もあるのでは、、、と。

まあ、でも北朝鮮なんかは日本戦にはいつも以上の力を出すでしょうし、なんと、3次予選無失点です。アウェーの強敵にもしぶとく勝ち点1をとって来そうな気もします。個人的には北朝鮮と当たらなくてよかったと思います。



あと、あるブログで書いていて「なるほど」と思ったのですが、

カタールやバーレーン、ウズベキスタンと曲者が多く入ったA組の方が、混戦になるんだけれども、逆に草刈り場ができないよさ、があるかもなあ、と思います。

例えば、UAE(失礼)にこぞって上位チームが確実に勝つ、という状況では、取りこぼしが許されない状況になります。そんな中で中東アウェーが苦手な日本(しつこい?w)がとりこぼしたりすれば、それこそ苦しい。それよりも、他チーム同士で星の潰し合いになったほうが日本は有利ではないか、ということです。

そういう考え方もあるんだなあ〜と感心しました。





★思い切って結果予想★



         対豪 対日 対バ 対ウ 対カ 

         HA HA HA HA HA 勝ち点

オーストラリア  −− ◯X ◯△ ◯△ ◯◯  17

日本       ◯X −− ◯◯ △X ◯△  14

バーレーン    △X XX −− ◯X ◯X   7

ウズベキスタン  △X ◯△ ◯X −− ◯△  12

カタール     XX △X ◯X △X −−   5



日本もどこかでつまずくとして、オーストラリアとウズベキスタンにしてみた予想です。

そのウズベキスタンは、オーストラリアと中東のどちらかでつまずくと予想。



しかし、こうやって実際に星勘定をしてみると、、、

もし上記の想定でも、たった1か所、ウズベキスタンがオーストラリアとホームで勝つことにすれば(△→)、それだけで日本はあっさり3位に沈んでしまいます。



なんとも最終予選はおそろしいですが、

いい方向に予想を裏切ってほしいものです。



みなさんの考えはいかがですか?




PR
   Comment(4)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

地理屋さん、おはようございます。 - 武千代

しばらくのご無沙汰です。遅ればせながら岩手・宮城の地震、お見舞い申し上げます。地理屋さんのことも心配していましたが、幸い大したことなかったようで安心しております。

最終戦予想、楽しく拝読しました。鋭い分析力に感心しています。
オーストラリアもアジア地区参戦についてはオセアニア地区での戦いに比べると、流石にレベルが高いはずですから、オーストラリアにとってもそう簡単には考えていないでしょう。鬼才ヒディング監督のころに比べれば、戦いやすいとは思います。

問題は、ウズベキスタン戦で地理屋さんが予想した△×です。未知数の戦力であり、タシケントでは加茂さんが更迭されることになった因縁の地です。岡ちゃんもリベンジの気持ちで臨まなければなりません。

中東勢も含め、どの試合も楽な試合はありませんが、移動などで選手のコンディションを考えると、本当の戦いはこれからだ!という気になりますね。
2008.06.29 Sun 11:48 URL [ Edit ]

どうもこんばんは〜 - 地理屋

ご心配いただいてありがとうございます。
おかげさまで、私の住んでいるあたりは全く大丈夫でした。

私もオーストラリアとは意外とやれると思っています。やっぱりウズベキスタンですね〜。杞憂に終わればいいのですけれども、一番力がありそうです。

オリンピックもありますし、その後の最終予選も目が離せませんね。

ちなみにJリーグ再開後のジェフはドローでしたね。
とりあえず最下位脱出まではあと勝ち点1です!
日本代表ともども応援しましょうね〜
2008.06.29 Sun 22:01 URL [ Edit ]

やってきました - TAKA-K

こんばんは、地理屋さん。
お招きいただきましたので、やって参りました。
さて、W杯予選の分析、興味深く読ませていただきました。んーなかなか本格派の分析に驚きました。私は暫くサッカーから離れていたため、最終予選の予備知識として勉強になりました。4勝2敗2分け・・・かなり現実味ありますね。

お二人ともウズベキスタンが気になっているようですね。どんなサッカーやるんでしょう?全然分からないなぁ。ウズベキスタンと言えば、カズが代表で輝いた最後の試合だったような記憶が・・・国立でやったW杯予選初戦だったかな?なんかコメント書いているうちに思いだしてきましたが、キックオフ前にセンターサークルでカズと城がボールに祈りを捧げるパフォーマンスをしたのも、確かその試合でしたよね。

容易い相手はいませんが、2位までなら多分大丈夫でしょう!(ホントかよ
2008.07.03 Thu 01:04 [ Edit ]

コメントありがとうございます! - 地理屋

ご丁寧にコメントいただき、ありがとうございます。
見てもらった上に、コメントまで頂けると非常にうれしいです。

予想ですけど、本格派とは程遠いような気がしますが。
本当は、予想を上回って、中東勢には格の違いを見せつけてがっちり勝ちきり、ウズベクも大したことなかったという感じですんなり勝ち、オージーにもスピードとテクニックで勝るような試合を見せてくれるといいのですけれどもね…

というわけで、
だらだらと更新していますので、また来てやってください。
2008.07.05 Sat 06:34 URL [ Edit ]
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カウンター
フリーエリア
忍者アナライズ
最新コメント
[07/17 chiriya]
[07/16 micco]
[02/10 micco]
[02/03 micco]
[01/06 chiriya]
[01/06 匿名希望]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
地理屋
性別:
男性
職業:
小学校教員
趣味:
サッカー、ゲーム等
フリーエリア
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析