忍者ブログ

[PR]

2017.11.25 -
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   ▲ENTRY-TOP

奇跡が起きました

2011.09.10 - 学校
前回書きましたが、
金曜の午後から、秋田に東北大会引率のお手伝い。
今日、大会を終えて、学校でミーティングもして、
家に帰ったのが夜7時半ごろでした。
さすがに疲れました~

初めから、今回は厳しい戦いだとは思っていました。

顧問の先生も、
「正直、厳しいと思う」と。

県大会は3位まで県代表になれるのだが、
うちは、その3位。

東北6県の3位まで、計18校が集まる東北大会において、
3校だけが、東日本大会への切符を手にすることができます。

うちは、過去6年で5回東日本大会まで進んでいるそうで、
最近で言えば、2年連続行っているらしいです。

だから、どうしても周囲の期待は
東日本大会進出、となるわけです。

しかしながら、前述の通り、
県で3位のレベルということで、
東北代表の3校になるのは正直厳しい、と。

出演終了後には、審査結果が出るまでに、
今日はどうでした?とよく手ごたえを顧問の先生に聞くので、
今日は終わってすぐに通りすがりに、子供には聞こえないように
「う~んイマイチ・・・」と教えてくれました。
ちょっと練習通りに出来なかった部分があったみたいです。

ってか、実は、「これはいけるな」「ちょっとミス多かったな」とか、
自分ではよくわからないんですよね(笑)。
明らかなミスとかレベルの差だったらわかるのですが、
上位レベルでどちらが上か、というのは、もう、本当にわからないレベル。

で、
指導している顧問の先生が「かなり厳しい」といっているし、
これはそうなんだろうな、と思っていました。

子供たちにも心の準備をさせなければならないし、
これで6年生は終わりになったら、
いろいろケアをして行かなければならないし、
と思っていました。

結果発表、
まずは出演順に金・銀・銅賞の発表がありました。
「□番、○○小学校、ゴールド金賞です!」
1番から発表するたびに歓声やら溜息やら悲喜こもごも。

うちの学校は・・・
なんと金賞!!!

なんだかんだいって銀を覚悟していた子供たち・我々も、
思わず大歓声。

それだけで、とりあえず満足でした。
最後に県大会3位だったくやしさを持って、
ここ1カ月、非常に熱く厳しい練習をしてきただけに、
子供たちに結果がほしかったので、
よかった~!!!と思いました。

その後、東日本大会へ推薦される3校の発表です。
金賞は6~7校くらいあったので、
東日本までは厳しいかな、と思っていました。

しかし、なんと
そこでも名前を呼ばれました。

発表後、号泣する子続出。
嬉し泣きです。

「これまで先輩が達成してきたところに、
自分たちも進むことができた!」
「さすがに行けると思わなかった東日本大会に
なんと行けるなんて!!」
「ここまで必死に追いつき追い越そうと頑張ってきた
ことが報われたんだ!」
そういう思いがあふれていました。

しかも、
その後、審査員の講評用紙などを受け取った顧問の先生と部長がもどってきて、
採点と順位が明らかになり、



ななななんと、

第1位

だったのです。


みんなでびっくり仰天しました。

しかも、
岩手代表は3校とも金賞で、
そのうちの2校が東日本大会進出です。
それもなんだか嬉しかったです。

学校に帰ってからのミーティングでも、
話しながら泣く子が続出して、
こちらも何度ももらい泣きしそうになりました。
(ってか半分うるうるしてました)

勝ったのに、というか、
勝ってこれほど泣けるっていうのがすごいと思いました。

大会後のミーティングでは自分も話す場面をもらっています。
前回は、
1位を目指していて3位だったのに悔しそうではないことや、
6年生が全然反省で手が挙がらなかったことがかなり残念だったので、
「1位2位の学校のほうが、勝ちたいという思いが君たちよりも勝っていたのだと思う。」
という話をしました。
今日は、
「今回みんなが本気になって、
『金賞がとれなかったらどうしよう』
『金賞はとれないかもしれないけれど全力を出し切ろう』
という思いが出ていたから、それが出たのだと思うよ。」
という話をしました。

本当に長い1日(いや、2日かな・・・)でしたが、
子供たちに素晴らしい感動をもらいました。

さて、
東日本大会は神奈川で行われるそうです。
しかも出演順が朝イチになったそうで、
さあ、これは大変!前日泊の、朝4時起きだ~
金曜日は朝から授業を休んで移動になります。

あと約1カ月、さらに練習をがんばって、
有終の美を飾ってほしいと思います!


ちなみに、
タイトルは、顧問の先生が発した言葉です。
本当に、ミラクルな1日でした。
PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カウンター
フリーエリア
忍者アナライズ
最新コメント
[07/17 chiriya]
[07/16 micco]
[02/10 micco]
[02/03 micco]
[01/06 chiriya]
[01/06 匿名希望]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
地理屋
性別:
男性
職業:
小学校教員
趣味:
サッカー、ゲーム等
フリーエリア
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析