忍者ブログ

海の命⑨

2009.03.10 - 学校

今日は最後の最後の部分。
あとは最後だけだから、ときちんと案を立てずにやったせいもあり、
ちょっとぐだぐだになってしまいましたが、
授業の終わりのあいさつをした瞬間、
「遂に完結~~~!!!」のような盛り上がりというか満足感というか、
そんな歓声と溜息が混じったような声が聞こえてきました。

なぜ太一はクエを打たなかったのか。

はじめは表面的な意見が多かったんだけど、
2、3人がいいとっかかりを書いていたので、
そこからみんなで追及していき、結局1時間まるまる使いました。

結局最後のまとめは、
「父の仇打ちよりも、自分の夢よりも、大事なものに気づいた」って感じになりました。
そこでみんな大いに納得。

その後は、最後の場面を範読して、
やっぱり、「なぜ誰にも話さなかったの?」と聞いてしまいました。
ただ、時間がなかったので、その場で挙手で答えさせて、
終わりにしちゃいました。。。
初めに当てた子は「自分の子供たちに情けないとか思われるからw」
なんてことを言いましたが、他の子は「さすがにそれはちがうでしょ」という感じで、
次の子がキチンと納得する答えをしてくれて、みんなそうだそうだ、とうなずいていました。

改めて、
今回の一連の授業を振り返ってみると、
自分の教材研究の浅さのせいもあるのですが、
子供たちに気づかされたり教えられたりしながら、
一緒に「海の命」の奥深さを感じられたなあ、
と思います。

あと、
いつもはあまり意欲が出ずにだらだらしていた子が、
今回の一連の学習では本質をついた発言を多くして、
みんなも一目置くようになった感じになり、
彼自身も非常に生き生きとしていて、最近どの学習でも意欲的にやるようになりました。
(他にも調子がいい要因がいくつかあるのですが。)
これも、きちんとした指導案で授業したからだと思いました。
自分ももっとしっかり教材研究しなくちゃなあ、と
改めて思いました。
 

PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カウンター
フリーエリア
忍者アナライズ
最新コメント
[02/10 micco]
[02/03 micco]
[01/06 chiriya]
[01/06 匿名希望]
[01/05 micco]
[04/07 chiriya]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
地理屋
性別:
男性
職業:
小学校教員
趣味:
サッカー、ゲーム等
フリーエリア
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析