忍者ブログ

若干せつなげな感じ

2010.10.17 - 学校

金曜日は、打ち上げは自分的にはさっぱり盛り上がらず(汗)、
全体的に2次会行く感じもなかったので、自分も無理せずあっさり帰宅。

土曜日は前任校の学習発表会へ。
6年間もいたところなので、
いろいろと懐かしく。

一番は、6年生の劇が、相変わらず、ひっじょーーっによかったこと。
相変わらずというのは、
担任している方の素晴らしさが相変わらず、というのもあり、
この学校の6年生の劇は毎年素晴らしいのが相変わらず、というのもあり。

この6年生の子供たちは自分も3年生の時に担任したけれど、
彼らは本当にいいんですよね、集団の雰囲気が。
一生懸命やる、真面目にやる、
言われたことを、勉強を、しっかりする、
そういうことが好きなんです。彼ら。
そうすることが安心するんじゃないか、という感じすらします。
「学校ではこうあるべき」「勉強ってこうあるべき」というのが彼ら的にあって。
例えば
「じゃあちょっと今日は勉強サボって遊んでみよう!」みたいなことを先生が言っても、
喜ばないっていうか。
いっしょに授業することがとても楽しい子供たちでした。

その彼らがすごく生き生きと、担任の先生の指導も素晴らしさと相まって、
見事な劇を披露してくれました。本当に最高でした。
そのほか、合唱などでも活躍していましたが、
一番印象的だったのが、自分の持った3年生の時に大きな学校から転校してきた女の子。
彼女は、
恥ずかしがりやで、全体的に線が細くて、給食も全然食べられなくて。
職員室に小さな声であいさつしたのを覚えています。

彼女はたった10人の3年生の仲間に入り、
朝と帰りに大きな声で職員室にあいさつする仲間に刺激され、
普段の授業でも10人の中で発言しなければならない状況に置かれ、
時には全校の場で大きな声で話さなければならないことがあったり、
いろいろな体験をするなかで、だんだんとたくましくなりました。
3年生の1年間だけでも、
給食はだいたい完食するようになり、
大きな声で話したりすることも頑張るようになっていました。
その後、さらに4年、5年とどんどんたくましくなって行きました。

そして。
合唱では全校1番の大きな口をあけて表情豊かに堂々と歌っていました。
劇もじいさんばあさんの訛りまるだしのセリフを、
堂々と上手に言いながら演じていました。
彼女を見ながら、
小さな学校の最大のよさ、まさにこの姿が理想の姿だよな、
と改めて思いながら、感慨もひとしおでした。

それを見られただけでも、今回は行った甲斐がありました。

もちろん、そのほかにも、
懐かしい先生方や子供たちとの再会もあり
いろいろ思うところはありました。

そのなかで、
逆に切ない感じの気持ちになったこともありました。

それは、昨年担任していた4・5年生の表情がいまいちだったことです。
(思えば、昨年の学習発表会もそうだったかも知れませんが…orz)
それを見て、発表前からちょっと悪い予感はしましたが、
発表を見て、やっぱりう~ん、という感じに思ってしまいました。
他の学年がきらきらしていたのを見て、余計に。
あとで何人かの先生にも「あれでも予行から手直しして…」というような話を
聞かされ、何となく状況がつかめました。
昨年もった子供たちですので、自分も責任を感じてしまいますが。。。
演目の選び方、発表の仕方もふくめ、いろいろ考え(反省)させられました。

彼らは、前任校で初の複式学級になった学年で、
ほかの学年は単式なのに、どうして俺たちだけ…
みたいな負の感情をずっと持っているように思います。
それは、ある意味自然な感情ですし、仕方がないのですが、
すごく負の部分を背負っている気がしました。

初めてなった2・3年の時は、まあ、幼いですし、
なんとなく1年我慢すれば、という感じでしたが、
3・4年になっても自分たちだけ・・・このままずっと?ということが見えてきて、
すごく嘆いている子もいました。
そんな学級を自分が担任して、その負の感情を払しょくしようとした1年でしたが、
あまりできなかったのかな、と思います。
で、今年は4・5年で3年連続同じ組み合わせ。
しかも、担任もちょっといろいろあるかただったりして・・・

自分の勝手な思いを書かせてもらえば、
例え状況的に不遇でも、
もっとプラスにとらえていくこともできると思っているんですが、
どうも難しくて。(自分の力不足でもあります。)
まあ、子供たちの性格とか、集団の雰囲気とか、いろいろありますし。

今回は、
複式という状況と、先駆的にそういう立場に置かれた子供たちの個性が
不運にもかみ合わなかった、とそう思ってしまうんですよね。

そんなこんなで、
若干切なげな土曜日でした。
 

PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カウンター
フリーエリア
忍者アナライズ
最新コメント
[02/10 micco]
[02/03 micco]
[01/06 chiriya]
[01/06 匿名希望]
[01/05 micco]
[04/07 chiriya]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
地理屋
性別:
男性
職業:
小学校教員
趣味:
サッカー、ゲーム等
フリーエリア
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析