忍者ブログ

日本人って・・・

2010.02.24 - 日記
「日本辺境論」読み終わりました。
とっても面白い本でした。

一番印象に残ったことは、
日本語の特殊性です。

漢字とかなは、脳の別のところで処理されているですね。
脳の障害で文字が理解できなくなることがあるそうですが、
日本人の場合は、漢字だけ読めなくなる場合と、かなだけ読めなくなる人がいるそうです。
欧米人にはそういうことはないそうです。

日本が漫画大国なのも、
絵が表意的な役割で、吹き出し内のセリフが表音的な役割で、
それを、あたかも漢字仮名交じり文を読むかのように、
同時並行で脳の別部分で処理しながら読むことに慣れているから、
だそうです。

まあ、
そのほかにも、
日本人の「学び」の特徴など、
興味深いところ満載でした。

いや~日本人って素晴らしいです(笑)。

同系統の本をもう少し読みたい気分です。
・・・また、本屋をうろついてみようっと。
PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カウンター
フリーエリア
忍者アナライズ
最新コメント
[07/17 chiriya]
[07/16 micco]
[02/10 micco]
[02/03 micco]
[01/06 chiriya]
[01/06 匿名希望]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
地理屋
性別:
男性
職業:
小学校教員
趣味:
サッカー、ゲーム等
フリーエリア
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析